2014年5月10日土曜日

活動報告 ~ O隊員の体験レポート(2014.05.10)

AM9:00~PM2:00 はれ 参加人数3人

晴れて、風の気持ちいい一日。
午前中にナラの木を一本倒すことに決定。

 

新緑の中で目立つ枝・・・どう見ても枯れてる。
近づくとこんな感じ

 
木は枯れても堂々としたものです。

以下は木を伐る手順。
樹皮にチェーンソーで「ここを切る」というライン付けをします。ラインは水平。

 
まず受口を作ります。木の直径の4分の1まで。

 
合わせていきます。幅など微調整。

 
受口が出来たら、追口を作ります。
追口は全部切らないで、径の10分の1くらいを残します。
この残す部分のことをツルといい、かならず受口に平行に。
そうでないと倒れる方向が変わってきてしまうとのこと。




くさびを打っていきます。水色のがくさび。
ハの字に2つ、ハンマーで叩いて押し込んでいきます。

 
追口ちょっと広がった?

 
4分の3ほど押し込むと、もう倒れます。

 
倒しました。

 

倒した木の処理。枝の中には空洞あり。
カミキリムシの幼虫も見つけた。こんなキノコ?も。


   
木を倒した空間がぽっかり空きました。

 

別のところだけどこんなもの発見。
よく見ると下のほうにドングリがくっついている。
こういうのがまた育っていくんだな~。

 

また別のところで発見!
倒木からけっこう大きい木が育ってる!「倒木更新」てやつですね。

 
別の角度から見ると、こう。
すぐそばの道路を車がびゅんびゅん走っているようなところで、
しずかに育っていたんだな・・・。

 

おまけ。なんかトゲトゲの木。なんでしょうこれ。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿